CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

Rengaworld

renga: a chain of poems
<< Hybrid歌仙「年の瀬や」 | main | Renga Hyakuin Trio Snowflakes Dance >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
歌仙 ふるさとやの巻
2005.12.19-2006.1.3
酔馬+鰻鱈

ふるさとや音ふりこめて雪がふる 鰻鱈
 竹折れを聞く寒き丑三つ     鱈
ビルの谷春一番の吹き抜けて   酔馬
 角の花屋に紅梅の束       鱈
明日発つ子傘も持たせる朧月    馬
 春は別れの雨やわらかく     鱈

誰か居る気配伝わる電話口     馬
 こたびの主も盗み聞き癖     鱈
お局は地獄耳なる耳年増      鱈
 噂の花を無料配達        馬
大宰府で配所の月を見るはめに   鱈
 紅葉照らせる日暮の山    天神馬
夕霧の白さ息のむ緋縮緬      鱈
 まぶたに浮かぶ放蕩の頃     馬
若き日の憧れの君色香なお     馬
 翁媼が高砂を舞う        鱈
友ありて福寿さげ来る門の松    馬
 笑い上戸の礼者めでたし     鱈
ナオ
騾馬の背に黄砂降らせる鳴沙山   馬
 万歩計つけ絹の道行く      鱈
僧歩む仏の国へ幾千里       馬
 きつけ薬の般若湯さげ      鱈
京の暮れ塔の向こうに雁渡る    馬
 後の月射す銀閣の庭       鱈 
尾花散る淀の下りは三十石     鱈
 松茸ないか食らわんか舟     馬
バンコクは水の都の初市で     鱈
 パパイヤ売りはほほえみも売る  馬
豊かなり熱き思いの胸のうち    鱈
 知るも知らぬもひと夜の出逢い  馬
ナウ
さあやるぞセンター試験の霜の朝  馬
 助太刀無用りりし初陣      鱈
婿どのに菜飯持たせて送り出す   馬
 白砂青松遠霞みけり       鱈
友と酒つどう花見の今が華     馬
 ひとひら見えて春はたまゆら   鱈










| - | 09:57 | comments(38) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 09:57 | - | - |
 白砂青松遠霞みけり       鱈
友と酒つどう花見の今が華     馬
 ひとひら見えて春はたまゆら   鱈

いや、おめでとうさんでした。改めまして、本年もますます盛んな隠居暮らしをなさいますように祈念いたします。小生もあと1年の現役をつとめた後、遅ればせながらご隠居リーグのお仲間に入れていただきます。

| 鰻鱈 | 2006/01/03 2:56 PM |
昨夕恒例の熱田神宮に初詣しました。好天にもかかわらず人出は拍子抜けするくらいまばらで、神社ビジネスも待ちの姿勢ではやって行けない時代の到来を感じました。さて年末年始個人指導を受けました歌仙ふるさとやの一巻なんとか三が日の内に満願放銃となりそうでめでたしめでたしです。根気よく素人をリードして頂き有難う御座いました。明日から平常運転で寂しくなりますが、また新しい企画を見せて楽しませてください。ありがとうございました。酔馬

ウナ五

友と酒つどう花見の今が華  馬

(てんこ盛です。許されますか?)
| 酔馬 | 2006/01/03 2:00 PM |
 助太刀無用りりし初陣      鱈
婿どのに菜飯持たせて送り出す   馬

 白砂青松遠霞みけり       鱈

ここで「菜飯」が出て春になりました。さて、花前をどうごまかすか。菜飯から春霞につつまれる松の緑の色合いを引っ張り出して、花の出番を待つことにしましょうか。めでたい松竹梅はすでに、

竹折れを聞く寒き丑三つ     鱈
角の花屋に紅梅の束       鱈
友ありて福寿さげ来る門の松   馬

で詠みこまれていますが、新年のことでもあり、もう一度お出まし願いましょう。

では、お待ちかね、酔馬さん、花の句のいななきをどうぞ。

| | 2006/01/03 12:55 PM |
さあやるぞセンター試験の霜の朝  馬
 助太刀無用りりし初陣      鱈


婿どのに菜飯持たせて送り出す   馬

| 酔馬 | 2006/01/03 10:22 AM |
豊かなり熱き思いの胸のうち    鱈
 知るも知らぬもひと夜の出逢い  馬
さあやるぞ霜踏んで出る受験の日  馬

ひと夜の出会いがしらにさあやるぞ(何をやるのかしらんが)は結構ですが、お受験は歳時記によりますと春の季語でしてね。紋切り型美意識をむねとするこの世界では、霜と受験はちょっとぐわいのわるい取り合わせ。

そこで、
さあやるぞセンター試験の霜の朝  馬
と逃げておきますか。

豊かなり熱き思いの胸のうち    鱈
 知るも知らぬもひと夜の出逢い  馬
ナウ
さあやるぞセンター試験の霜の朝  馬


 どの道とろか信濃追分      鱈
 助太刀無用りりし初陣      鱈
| | 2006/01/02 4:59 PM |
豊かなり熱き思いの胸のうち    鱈

 知るも知らぬもひと夜の出逢い  馬

ナウ折立

さあやるぞ霜踏んで出る受験の日  馬
| 酔馬 | 2006/01/02 3:40 PM |
ながめてみると、名残表は、
春雑雑雑秋秋秋秋雑の流れで、爺さんの両吟ともなると恋の句をつい忘れてしまいますね。

バンコクは水の都の初市で     鱈
 パパイヤ売りはほほえみも売る  馬

豊かなり熱き思いの胸のうち    鱈

次の名残表第12句と名残裏第1句は、酔馬さん、どうぞ。
| 鰻鱈 | 2006/01/02 11:37 AM |
バンコクは水の都の初市で   鱈

 パパイヤ売りはほほえみも売る  馬
| 酔馬 | 2006/01/02 9:44 AM |
尾花散る淀の下りは三十石   鱈
 松茸ないか食らわんか舟   馬

バンコクは水の都の初市で   鱈

あけましておめでとうございます。新春はすでに出ておりますが、ここで重複させます。

修正
後の月見る銀閣の庭       鱈

後の月射す銀閣の庭       鱈
とします。

| | 2006/01/01 11:39 AM |
明けましておめでとうございます。
冬の贋?(下が鳥の字で鴈かと思った)のつもりが誤って雁とやってしまいました。また早々と秋を迎える結果に。どうも早・・・癖治らず。)

尾花散る淀下り行く三十石     鱈

 松茸ないか食らわんか舟  馬

(どうも連想が貧困でいけません。)
| 酔馬 | 2006/01/01 10:09 AM |
尾花散る淀下り行く三十石     鰻鱈
は、ぎくしゃくしているで、

尾花散る淀の下りは三十石

と修正します。 
| 鰻鱈 | 2005/12/31 10:18 PM |
ナオ
騾馬の背に黄砂降らせる鳴沙山   馬
 万歩計つけ絹の道行く      鱈
僧歩む仏の国へ幾千里       馬
 きつけ薬の般若湯さげ      鱈
京の暮れ塔の向こうに雁渡る    馬

 後の月見る銀閣の庭       鱈 
尾花散る淀下り行く三十石     鱈

酒が出ると突然京の秋の夕暮となっておいしそうながんもどきが上空に現れました。そこで銀閣で十三夜と合いの手を入れて、翌朝、船で淀を下って難波へいそぐことにしました。

よいお年をお迎えください。来年は、おとその酔いがさめた頃にでも、名残表第8句をおひねりください。

頓首
鰻鱈



| | 2005/12/31 8:14 PM |
三蔵法師も酒好きとはうれしいですね。
はやく一仕事かたずけて紅白見ようっと。

ナ五
京の暮れ塔の向こうに雁渡る  馬

| 酔馬 | 2005/12/31 7:00 PM |
 万歩計つけ絹の道行く     鱈
僧歩む仏の国へ幾千里      馬

 きつけ薬の般若湯さげ     鱈
 

| 鰻鱈 | 2005/12/31 3:22 PM |
騾馬の背に黄砂降らせる鳴沙山  馬
 万歩計つけ絹の道行く     鱈

僧歩む仏の国へ幾千里  馬
| 酔馬 | 2005/12/31 9:16 AM |
ナオ
騾馬の背に黄砂降らせる鳴沙山  馬

 万歩計つけ絹の道行く     鱈
 砂の海へと霞んでゆくか    鱈

I'll be out of town till Saturday. Let's have some rest.
| 鰻鱈 | 2005/12/29 10:41 AM |
ナオ
騾馬の背に黄砂降らせる鳴沙山  馬

Sorry, I've stepped into your yard by mistake. Please let me take rest for a while until you finish making out a couple of continuing phrases about your recent trip to the Silk Road.
| 酔馬 | 2005/12/28 4:42 PM |
帰る子ら見送る門の松の春
は、初折5句
明日発つ子傘も持たせる朧月
と2度目の子別れにつき、めでたい正月の来福とし、

友ありて福寿さげ来る門の松    馬
 笑い上戸の礼者めでたし     鱈

として、新年を早めに寿いでおきますか。

歳時記を見ましたが、高砂は季語に入っておりません。地名扱いなのでしょう。

名残表の長句をどうぞ。もう一句春をそえましょうか。

| 鰻鱈 | 2005/12/27 10:31 PM |
若き日の憧れの君色香なお     馬
 翁媼が高砂を舞う        鱈

帰る子ら見送る門の松の春     馬

相生の松を無理やり入れて、めでたいから正月としてみましたが高砂の季はいつでしょうか?高砂祭は5月21日らしいのでそれでは季もどりになってしまします。
| 酔馬 | 2005/12/27 9:18 PM |
編集上のおことわり

初折裏6句
紅葉照らせるひぐらしの山  天神馬
は、「日暮の山」と漢字にしました。あやまって「蜩の山」と読まれるのを避けるためです。

mandala
| mandala | 2005/12/27 3:57 PM |
 まぶたに浮かぶ放蕩の頃     馬
若き日の憧れの君色香なお     馬

 翁媼が高砂を舞う        鱈
 リターンマッチめざし調整    〃

このあたりになるとさすがにお上手ですね。
| 鰻鱈 | 2005/12/27 12:42 PM |
大宰府で配所の月を見るはめに   鱈
 紅葉照らせるひぐらしの山  天神馬
夕霧の白さ息のむ緋縮緬      鱈

 まぶたに浮かぶ放蕩の頃     馬
ウ九案
若き日の憧れの君色香落ち     馬
若き日の憧れの君色香なお     馬
| 酔馬 | 2005/12/27 10:31 AM |
大宰府で配所の月を見るはめに   鱈
 着ては帰れぬ紅葉の錦      馬

化野は十日の菊の白々と      鱈

噂の花と十日の菊が接近しすぎているし、陰々滅々のムードはもろ打越。この種の展開が作法に反するとしてお嫌いであれば、

大宰府で配所の月を見るはめに   鱈
 紅葉照らせるひぐらしの山  天神馬

 夕霧の白さ息のむ緋縮緬     鱈

前句のもみじの景色に秋の霧をかけてみました。が、もち、夕霧を京都・島原の夕霧太夫と読みかえて、お待ちかねのあの道へお進みいただくのも一興かと存じます。

このあたりで長短交代しませんか。よろしければ、2句つづけてお読みください。


| | 2005/12/26 1:34 PM |
本物の花でないからいいかと思って不用意に花を出してしまってすみません。正花というのがあるんですね。噂の花の咲く銀座・・・で恋か雑のつもりでしたが、全国無料配送するくらいだから確信犯と言われても仕方がないですか?新米ドライバーなので前ばかり必死で見ていて左右の障害物に気を配る余裕がないのです。罰則でカラオケで「すばる」を歌わせてもらいます。

大宰府で配所の月を見るはめに   鱈

 紅葉照らせるひぐらしの山  天神馬
 着ては帰れぬ紅葉の錦    馬
| 酔馬 | 2005/12/26 10:25 AM |
お局は地獄耳なる耳年増    鱈
 噂の花を無料配達      馬

早咲きの花ですね。耳年増と何ぞ関係あるのでしょうか? 初折の裏で月より前に花が出てくるのは比較的珍しい例です。ここは「噂の花」を雑の正花という了解にして、

お局は地獄耳なる耳年増      鱈
 噂の花を無料配達        馬
大宰府で配所の月を見るはめに   鱈

と、いっきに月も出してみました。

おあとがよろしいようで。
| 鰻鱈 | 2005/12/25 2:01 PM |
お局は地獄耳なる耳年増    鱈

 噂の花を無料配達  馬
 網にかかったまさかのあの娘  馬
| 酔馬 | 2005/12/25 9:25 AM |
恐れ入りました。多分読みきった上での転回だろうなとは思いましたがブッシュのeavesdropping scandal まで飛んでいようとは!それで「こたびの主」の意味がやっとわかりました。私は何が何でも恋の歌にせねばとの一心で視野が狭かったです。次の付け一晩考えます。メリークリスマス。酔馬
| 酔馬 | 2005/12/24 10:09 PM |
酔う酔う馬大兄

●誰か居る気配伝わる電話口   馬

は、酔う酔う馬大兄が仕掛けたわなだと感づきましたヨ。
 
●娘なんだかそそくさと切る  馬

あるいは、かけた相手が年若い妻の場合は、

●まあいいかこちらもおなじ状況下  鱈

という展開へと引っ張り込まれるのをきらい、ニクソン以来のブッシュの盗聴問題、

●こたびの主も盗み聞き癖    鱈

あるいはふりこめ詐欺犯の

●逆探知さけそそくさと切る   〃

へ振ったのでした。えへん。したがって、

●人妻に同窓会を口実に   馬

この線での展開はあとにして、たとえば、

●お局は地獄耳なる耳年増  鱈

てのはどうですか? むかし大兄のオフィスにもこんな人がいたでしょう?

 こたびの主も盗み聞き癖   鱈
お局は地獄耳なる耳年増    鱈

では、お次の7・7をどうぞ。

(鱈)
| mandala | 2005/12/24 5:48 PM |
鱈師匠殿

誰か居る気配伝わる電話口   馬

は独り暮らしの娘に電話したらどうも部屋に誰か居るような気配がするというような情景を想像したものでしたがうまく伝わりませんでした。難しいです。私としてはこんな気分でした。

 娘なんだかそそくさと切る  馬

しかし様々に解釈されるところがまた面白いのでしょうね。今日はクリスマスイブですが縁のない私は暇ですのでこの連歌教室であえて教えを請います。このまま進めて、

誰か居る気配伝わる電話口   馬
 こたびの主も盗み聞き癖     鱈

となって次に

人妻に同窓会を口実に 馬

などとやるともろに打越にかかるということになるのでしょうか?どのように軌道修正すべきか教えてください。
(酔う酔う馬)


| 酔馬 | 2005/12/24 4:37 PM |
 春は別れの雨やわらかく     鱈
誰か居る気配伝わる電話口   馬

 こたびの主も盗み聞き癖     鱈
 逆探知避けそそくさと切る    〃
| mandala | 2005/12/24 1:55 PM |
明日発つ子傘も持たせる朧月    馬
 春は別れの雨やわらかく     鱈

初折裏

誰か居る気配伝わる電話口  馬
| 酔馬 | 2005/12/24 10:52 AM |
歌仙「ふるさとや」

ふるさとや音ふりこめて雪がふる 鰻鱈
 竹折れを聞く寒き丑三つ     鱈
ビルの谷春一番の吹き抜けて   酔馬
 角の花屋に紅梅の束       鱈
明日発つ子傘も持たせる朧月    馬


 春は別れの雨やわらかく     鱈
 何の因果で砂漠の国へ      鱈

音なしの降雪、雪折れ竹の鋭い響きと雪が落ちるにぶい音、ビルの谷間の人声と風の音、一転、きっぱりと赤い梅の花、ピントを甘くしてとらえた月のおぼろ、と優美な展開になりました。

次から初折裏です。どうぞ、お進めください。

鰻鱈
| mandala | 2005/12/23 9:02 PM |
角の花屋に紅梅の束  鱈

明日発つ子傘も持たせる朧月  馬
 

| 酔馬 | 2005/12/23 4:49 PM |
ふるさとや音ふりこめて雪がふる 鰻鱈
 竹折れを聞く丑三つのころ    鱈
ビルの谷春一番の吹き抜けて   酔馬

よく見ると、なんと脇句に季語を入れ忘れておりましたよ。入れ歯を忘れてモグモグといったひどい有様です。「竹折れ」を「竹の雪折れ」の代わりにつかい、それですっかり冬の気分になってしまったのですねえ。脇句を変更させてください。

竹折れを聞く寒き丑三つ

ではあらためて、

ふるさとや音ふりこめて雪がふる 鰻鱈
 竹折れを聞く寒き丑三つ     鱈
ビルの谷春一番の吹き抜けて   酔馬


 誰が放した赤い風船       鱈
 角の花屋に紅梅の束       〃
 
| 鰻鱈 | 2005/12/22 10:42 PM |
ふるさとや音ふりこめて雪がふる 鰻鱈
 竹折れを聞く丑三つのころ    鱈

ビルの谷春一番の吹き抜けて 酔馬
| 酔馬 | 2005/12/22 10:46 AM |
酔馬さん、まだ本調子でないようで。

ふるさとや音ふりこめて雪がふる 鰻鱈
 竹折れを聞く丑三つのころ    鱈

田舎家の床の間の掛け軸のような展開ですが、ご容赦ください。それでは、第三からどうぞ。1日1句程度のペースで進みませんか?

なお、
「ふるさとや電信柱に空っ風」は余りに無愛想なので、

ふるさとや電柱を巻く空っ風

と修正します。
 

鰻鱈




| 鰻鱈 | 2005/12/21 10:45 AM |
ふるさとや音ふりこめて雪がふる 鰻鱈
 口数減った親父こたつに 酔馬
 テレビ歌声無人の炬燵 酔馬

(こんな具合でよろしいでしょうか?)
| 酔馬 | 2005/12/20 11:12 AM |
ふるさとや音ふりこめて雪がふる 鰻鱈
ふるさとや電信柱に空っ風    
ふるさとや草に雨ふる冬ぬくし

帰省シーズンになりました。発句候補から1つ選んで、付けを2-3句お寄せください。
| 鰻鱈 | 2005/12/19 10:03 AM |









http://rengabilingua.jugem.jp/trackback/15